倉庫会社の薬剤師求人特集

TOP >> ここだけは押さえよう >> 倉庫での薬剤師の仕事内容

倉庫での薬剤師の仕事内容

倉庫会社など医薬品卸会社では、製薬会社で製造された医薬品を買取り、病院や薬局へ卸す、いわば中継ぎの仕事になります。薬剤師に課せられた業務は、医薬品の適正な購入、供給です。薬を取り扱う場合には、必ず1人以上の専門的な知識を有する薬剤師が配置され、薬や衛生管理などに関して管理することが薬事法で義務付けられています。そのため、倉庫会社にとっても、薬剤師の存在は欠かせないものです。仕事の内容は幅広く、どれをとっても大切なことばかりになっています。

倉庫会社での薬剤師の仕事は、薬剤師の業務の中でも、「管理薬剤師」といわれるものになります。倉庫会社では、医薬品の保管や発送の際に、それを管理するものとして、薬剤師が必要になっています。物流倉庫の管理を主とした医薬品の管理業務です。管理薬剤師には大きく分けて2つあります。卸販売業の管理薬剤師としての仕事と、医薬品製造業の製造管理責任者としての仕事です。

倉庫会社では、医薬品の品質管理基準であるGMPの規則に基づいた、医薬品の品質管理やそれを製造する設備や保管する設備の管理、自主点検、回収、品質情報の提供・表示、関係役所へ提出する薬事許可申請書類の作成や手続き(業許可、業維持、変更申請)、行政への対応、社員への医薬品にかかわる教育など、そのどれもが、管理薬剤師がおこなう業務です。こんなにも管理薬剤師がやらなければならない業務はたくさんあります。

また、会社によっては期限の管理・遵守の他に、DI業務といわれる、問い合わせに対応するためのドラックインフォメーション、他にも、取引先へ向けた教育や指導、勉強会の開催事務処理などさまざまです。倉庫会社で働く薬剤師に任される業務は多岐にわたっており、とてもやりがいのあるものです。

倉庫会社によっては薬剤師の人数も限られていますので、その分与えられる仕事の量多く、幅広い知識と事務処理能力、的確で迅速な判断力が必要になります。また専門的知識を習得した薬剤師でしかできない業務も多く、必要とされるポストを得ることができます。

薬剤師の求人情報は、非公開のものが多くなっています。薬剤師専門のエージェントに登録することで、非公開の求人情報の中からも情報提供してもらえますので、なかなか手にすることのできない求人情報も得ることができます。また、専属のコンサルタントは、薬剤師の求人を取り扱うプロです。求人の内容の説明から面接対策、転職に関するアドバイスに至るまで、何でも相談できる心強い存在です。薬剤師の仕事を探す場合には、登録をおすすめします。

>>倉庫会社の薬剤師求人を探すなら!サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 倉庫会社の薬剤師求人特集【※大手倉庫会社ランキング】 All Rights Reserved.