倉庫会社の薬剤師求人特集

TOP >> ここだけは押さえよう >> 管理薬剤師として倉庫で働くメリット

管理薬剤師として倉庫で働くメリット

製薬会社では、新薬の開発とともに、開発した薬の人体に与える影響を厳しい管理体制のもとでチェックしています。企業として安全管理は大切なことですが、内部からの管理だけでは十分だといえないことを、二重チェックという意味合いからも、外部でも管理しています。管理薬剤師がいることで、薬品管理に関する専門的知識が活かされてくるのです。

倉庫会社では、製薬会社で製造された医薬品や医薬部外品を仕入れ、病院や薬局に卸すまでの仕事をしています。薬事法では、薬の製造や保管、販売に関する場合、薬の製造から販売における管理責任者として「管理薬剤師」を配置し、品質や衛生面などを管理するように定められています。薬剤師にとって、今まで学んできた医薬品に関する知識を、最大限活用できる絶好の職場になります。

もちろん勤続年数や、業務内容など会社によって異なりますが、管理薬剤師のメリットは、一般の薬剤師に比べて、管理薬剤師の担う業務の多さと責任の重さから、給与面でも優遇されている場合が多いということです。倉庫会社によっては、資格手当が支給され、待遇面でも厚くなっていることもあります。薬剤師としてのスキルを活かしつつ、しかも、一般的に給与額も高めに設定されていることも多いので、働く側から見ても魅力的な職場だといえるでしょう。しかも、管理薬剤師になるために必要な資格は、特別ありません。薬剤師であればなれる可能性は誰にでもあるのです。

倉庫会社の規模にもよりますが、配属されている薬剤師の人数にも限りがありますので、重要な仕事を任されることも多く、とてもやりがいのある仕事です。当然のことながら、所属している薬剤師の人数によっては、薬剤師が担当しなければならない業務全般を受け持つことも多くなりますので、実践に即したスキルアップは自然にできるようになります。

管理薬剤師の業務の性質上、会社から認められた者しかできないほど責任のある業務が多くなります。その評価は社内だけに留まらず、働いている者の目標にもなりますし、何よりも本人の自信ややる気につながっていきます。やりがいという点から見ても、薬剤師としての資格を活かせる業務が多く、知識もさらに深まりますし、スキルアップにはこの上ないものとなっています。

万が一転職を考える際にも、「管理薬剤師」を経験していたということは、薬剤師としても武器になりますし、強力なアピールポイントになるでしょう。高い評価を得られることも多くなっています。

>>倉庫会社の薬剤師求人を探すなら!サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 倉庫会社の薬剤師求人特集【※大手倉庫会社ランキング】 All Rights Reserved.