倉庫会社の薬剤師求人特集

TOP >> ここだけは押さえよう >> 倉庫会社の薬剤師の平均年収

倉庫会社の薬剤師の平均年収

製薬会社で製造した医薬品を、病院や薬局に卸すまでの管理をしている倉庫会社ですが、医薬品を扱うことで、管理薬剤師の存在が欠かせないものになっています。倉庫会社に勤務する薬剤師は、扱っている医薬品の管理責任者として位置づけられています。

薬を扱うためには、薬事法などで細かく定められていますが、管理薬剤師という管理責任者を定めることで、初めて医薬品を扱えるようになっています。薬剤師の平均年収は、一般のサラリーマンの年収に比べ比較的高めに設定されています。薬剤師としての資格を持っているからこそできる仕事もありますので、その分の資格手当が支給されている会社もあるのです。取り扱う医薬品の衛生管理や品質管理など、倉庫会社の基本となることを管理薬剤師は任されています。とても重要な役割を担っている管理薬剤師ですので、一般の薬剤師に比べて、給与面や待遇などでも業務に見合うだけのものを得られる会社も多くなっています。

一般的に見ると、普通の薬剤師の平均年収が400万円位なのに対して、管理薬剤師の年収は600万円くらいと高額になっています。また、高額所得の例では800万円を超える実態も出ています。倉庫会社で管理薬剤師として仕事をしている場合には、会社によって金額もまちまちですが、管理薬剤師手当が支給される場合もあります。たとえば、月平均10,000円の手当が支給されるとしても、年間では120,000円もの差になります。このように、管理薬剤師か、一般の薬剤師であるかどうかによって、年収にも大きな差が開いている実態があるようです。

医薬品を製薬会社から仕入れ、病院や薬局に卸すまでの、一切の医薬品に関しての品質管理や法的手続き、社員教育に至るまで、管理薬剤師の担う役割は、会社にとってとても重要なことばかりです。管理薬剤師に対する魅力の感じ方は人それぞれでしょうが、薬剤師として働く方にとって、管理薬剤師として責任ある業務を任され働けるということは、誰しも憧れる目標でもあります。

医療機関の調査データによると、国家資格を取得している割に年収が低いという話もあります。倉庫会社の管理薬剤師が、かなり責任のある仕事にもかかわらず、相応の評価がなされていないというのです。しかし、倉庫会社の薬剤師の多くは、一般の薬剤師に比べ、平均年収でみても100万円〜200万円近い差が出ているようです。

薬剤師の求人情報は、非公開で募集されるものも多く、その中でも、特に倉庫会社での管理薬剤師は、希望の多い職種でもあります。薬剤師専用のエージェントでは、豊富な求人情報の中から、希望に合った倉庫会社を見つけることができますので、条件などもくわしく相談してみるとよいでしょう。

>>倉庫会社の薬剤師求人を探すなら!サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 倉庫会社の薬剤師求人特集【※大手倉庫会社ランキング】 All Rights Reserved.