倉庫会社の薬剤師求人特集

TOP >> ここだけは押さえよう >> 倉庫会社で働く薬剤師に必要なスキル

倉庫会社で働く薬剤師に必要なスキル

数ある薬剤師の職場の中でも、勤務場所によって薬剤師に求められるスキルや役割も違っています。薬事法によって、医薬品を取り扱い製造販売するところでは、「管理薬剤師」を置かなければならないことに定められています。そのために倉庫会社でも薬剤師は必要で、しかも、大切な任務を担っています。

薬剤師の役割の中には、適正な薬の提供と保管があります。倉庫会社に勤務する薬剤師にとって、状態に合わせて適正に薬を保管することや、どれだけの量の薬があるかなどきちんと把握することが求められます。そのためには、全体を見回して状態を見極められる判断力や、しっかりとした管理能力が必要になってきます。また、時期や状況によって、保管しておかなければならない必要量などを予測できる分析力、そして何より、薬やそれに関する法律などの深い知識が必要になってきます。そのためにも、経験や実績の積み重ねは欠かせないものなのです。

倉庫会社で働く管理薬剤師を目指す薬剤師の方にとって、特別に必要となる資格はありません。しかし、求められる専門的な知識は、とても高度なものになりますので、必然的に個人のスキルアップが必要になります。会社によっては、薬剤師としての3年以上の実務経験を求められることもあるようですが、通常に勤務した後に、職場異動という形で管理薬剤師に昇格する場合もあるようです。

倉庫で働く薬剤師にも、事務処理の能力は必要になります。倉庫会社によっては、管理薬剤師の業務の中に、法的書類の作成がある場合があります。法的書類の作成する際には、薬事法などの法令を遵守しているかどうか、チェックできるだけの知識も必要になるため、薬に関する幅広く知識をしておく必要がでてきます。

また、「薬剤情報提供書」には「薬の名前」「薬の効能や効果」「薬の用法」「薬の色や形」「薬の副作用や注意事項」など用法・用量が明記されていますが、その内容に誤りがないかの確認もします。きめ細かい事務能力や、薬事法などの薬に関する法律などの深い知識も、薬剤師のスキルとして必要なことです。会社によっては、保険請求や法令順守の管理も管理薬剤師の仕事になっていますので、さらに医薬品とそれに関した法規に対する深い知識が必要になっています。

倉庫会社で働く薬剤師には、通常業務である医薬品の管理のほか、営業社員に対して薬に関する知識の教育をおこなうなど、さまざまなことが求められています。そのどれもが、専門性が高い資格を取得しているからこそできる仕事ばかりです。

>>倉庫会社の薬剤師求人を探すなら!サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 倉庫会社の薬剤師求人特集【※大手倉庫会社ランキング】 All Rights Reserved.