倉庫会社の薬剤師求人特集

TOP >> 人気の倉庫業者一覧 >> 住友倉庫への薬剤師転職なら

住友倉庫への薬剤師転職なら

住友倉庫では、いろいろな商品の管理を倉庫で実施しています。住友倉庫のホームページをチェックしてみると、医薬品の管理は行っていないようです。そう言われると、住友倉庫で薬剤師のニーズがないのではないかと思う人もいるでしょう。しかし住友倉庫の取り扱っている物品をチェックしてみると、薬剤師のもっている知識が必要とされるケースがあります。

住友倉庫では、化学工業品の管理を実施しています。住友倉庫では、化学工業品の取り扱いはかなり古くから始めています。実に30年以上の歴史を誇っていて、中国や東南アジアを中心として、世界に対応した物流サービスの拠点になっています。石油化学などの物流業務なども担当しているということです。これらの化学商品の中には、化学薬品を使っているものもたくさんあります。化学薬品などの保管に関しては、特殊な条件が求められることもあります。どのような条件で管理すべきか、薬剤師のような専門家の力が必要になることもあるのです。

また住友倉庫では、アーカイブの保管業務を担当しています。情報の詰まっている文書などの保管を担当しています。情報資産といわれていますが、紙に書かれた情報も流出すれば、会社に大きな損害を与えてしまう可能性があります。しかし文書を捨てずに会社の中に置いておくと、どんどん文書が溜まってしまって場所を取る可能性もあります。そこでオフィスで保管するのに代わって、住友倉庫で保管をします。住友倉庫で保管をしている分書類には、いろいろなジャンルのものがあります。中には、医療関係の書類の保管を求めるケースもあります。たとえば、医療カルテなどです。医療関係の文書の取り扱いは、素人ではなかなか判断できないケースもあります。そこで、薬剤師資格を持った人がチェックをして、どのように管理をするか判断が求められることもあるのです。

このように、医薬品を取り扱っていなくても、住友倉庫では薬剤師免許を持っている人を求めることがあります。しかしホームページなどをチェックしてみると、常時、薬剤師資格を持っている人を募集しているわけではないようです。住友倉庫への転職を検討しているのであれば、転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか?マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師のような、薬剤師の求人情報に特化している所もあります。このような所では、薬剤師関係の求人情報をたくさん持っていることが多いです。このような所に登録をしておけば、情報を早く手に入れられる可能性も期待できます。

>>倉庫会社の薬剤師求人を探すなら!サイトランキングはコチラ


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 倉庫会社の薬剤師求人特集【※大手倉庫会社ランキング】 All Rights Reserved.